Selected Entries
Categories
Archives
Profile
森川(記者)

本を売り、本を読む日々。
詳細

散 漫 帖

本と映画と妄言と
<< 七月に読んだ本 | main | 九月に読んだ本 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
八月に読んだ本
≪本≫
『ぼくはお金を使わずに生きることにした』(マーク・ボイル/紀伊國屋書店)★★★☆
『バナナ剥きには最適の日々』(円城塔/早川書房)★★★★
『ドキュメント道迷い遭難』(羽根田治/山と渓谷社)★★★★
『北の無人駅から』(渡辺一史/北海道新聞社)★★★★☆
『ドキュメント滑落遭難』(羽根田治/山と渓谷社)★★★☆
『本のおかわりもう1冊』(桜庭一樹/東京創元社)★★★★
『怖い絵 死と乙女編』(中野京子/角川文庫)★★★★
『ドーバーばばぁ』(中島久枝/新潮文庫)★★★
『建設業者』(建築知識編集部/エクスナレッジ)★★★★

≪漫画≫
『聖☆おにいさん 9』(中村光/講談社)★★★☆
『俺物語!! 4』(アルコ・河原和音/集英社)★★★★
『父の暦』(谷口ジロー/小学館文庫)★★★★☆

 今月は9冊。暑い割には良く読んだ。
 ペストは『北の無人駅から』。北海道の無人駅があるような辺鄙な町から、環境問題、農業問題、地方行政の問題などをルポした本。同じような問題は、全国の地方自治体に共通するように思えた。ただ堅苦しい内容ではなく、そこに住む人とじっくり向き合って書かれているのが良い。
 漫画は『父の暦』。新潟の北書店で見かけて、何となく買って帰りの電車で読んでいたら、泣けて泣けて大変だった。車窓の風景と共に思い出すであろう一冊。
Posted by pareidolie21
月間リスト(本) / 20:37 / comments(0) / -
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 20:37 / - / -
COMMENT