Selected Entries
Categories
Archives
Profile
森川(記者)

本を売り、本を読む日々。
詳細

散 漫 帖

本と映画と妄言と
<< 髪結いの亭主(パトリス・ルコント監督/再見) | main | 頼むから静かにしてくれ 1(レイモンド・カーヴァー/中央公論新社) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
amato amaro(basso/茜新社)
 BLは苦手ですが、それでも読める漫画。前作の『クマとインテリ』よりは、エロ度は低いです。
 
 前半は、前作の政治家シリーズと同じ舞台の話が何作か。教授(表紙の人)とボディーガードとの話の教授はオニですね。ボディガード氏、端から勝ち目ない…見ちゃおれん。カッラーロ兄弟が絡んでくる話のカッラーロ兄(元首相)が、可愛いオッサンになっていて「!」でした。恋をすると丸くなるのだろうか。超クールな秘書も地味に好きだ(それにしても、どんな事務所なんだよ…)。
 後半の、双子の兄弟の話はちょっと怖い。いまだに、最後のシーンにいたのは弟なのか兄なのか、良く分かっていない。分からない分、怖いんだよー。
 あと、刺青師の話に出てくる、日本マニアの元彼のエピソードは、読むたびに笑う。イタリアのアパートで、床の間を作ってしまうその根性が! 畳はどこから持ってきたのかと(笑)。

 前作より、色んなタイプの話が収録されていて読み応えがありました。
Posted by pareidolie21
漫画 / 12:12 / comments(0) / -
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 12:12 / - / -
COMMENT