Selected Entries
Categories
Archives
Profile
森川(記者)

本を売り、本を読む日々。
詳細

散 漫 帖

本と映画と妄言と
<< バベットの晩餐会(イサク・ディーネセン/ちくま文庫) | main | Land Land Land(岡尾美代子/ちくま文庫) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
マクベス(シェイクスピア/新潮文庫)
 武勇名高い武将マクベスは、荒野で出会った魔女の「いずれ王になるだろう」という予言に野心をくすぐられ、また妻に唆され、王を殺害し自ら王位に就く。しかし正当な手段に寄らない自分の地位に対する不安と周囲への猜疑心により、王位を脅かしそうな人物を次々と殺めていく…

 何となくシャイクスピアを読みたくなり、手に取った本がコレって…。でも、この次に読む『ハムレット』よりも好きだったりします。何といっても、この設定のヤバさが良い(笑)。
 冒頭から三人の魔女が登場するのは、この話自体が現実世界より人の心が見せる幻想や狂気を主題にしているという暗示なのでしょうか。最初の方はまだまともなマクベスが、王を殺した辺りからじわじわ狂っていって、現実世界より内面世界にのみ心奪われていく様は怖いです。
 結局のところ、マクベスには王を殺してまで王位に就けるだけの器がなかったってことなんだろうけど、そこが実に人間臭いなぁ。あと、困った時にまた魔女のところに助言を求めに行ってしまったりするところとか。むしろ、マクベス夫人の方が悪人の素質はありそうです。
 マクベスが、夫人が自害した知らせを聞いた時のセリフが印象的でした。狂気の中の、悟りのように感じられた。

 余談で、新潮文庫の表紙に描かれたマクベスは「安い男」って感じが良いです(笑)。
Posted by pareidolie21
小説(海外) / 21:21 / comments(0) / -
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 21:21 / - / -
COMMENT